初めて自動車免許を取得したらどこかへ出かけたくて仕方がないという人も多いのではないでしょうか。最初は自宅近くに買い物や遊びに行く程度でも、だんだんと遠出をしたくなるものですよね。その際、高速道路を利用することもあると思いますが、高速は一般道以上に気をつけて走行する必要があります。まず事前に車のチェックをしましょう。まず基本の燃料であるガソリンの残量をチェックします。次にボンネットを開けて冷却水の量が規定の範囲内にあるかどうか、エンジンオイルの量は適量か、タイヤの空気圧がきちんとあるか、タイヤの水がすり減っていないかといった点は最低限チェックしてから出かけるのが安心です。自動車の任意保険などでロードサービスを呼ぶこともできますが、初めての高速運転で緊張し、冷静な対応ができない場合もありますので、不良が起こらないように事前点検を行うようにしましょう。その他、ルームミラーやサイドミラーの調節も忘れずに行ってください。当日は眠気を感じないようにたっぷりと睡眠をとり、サービスエリアなどで2時間おきぐらいを目安に休憩を取り、水分補給や食事をし、脳を活性化させましょう。走行予定の道路の交通状況や天気予報のチェックも忘れないようにしてください。